イメージ画像

助産師に転職することのよさ

イメージ画像

職業にはその仕事にしかないよさや魅力、メリットがあります。 助産師の場合はどうでしょう。 助産師の仕事を続けていく上で一番変えがたい喜びは、人の誕生の場に立ち会えることでしょう。 その子の第一声となる産声が響いたとき、これ以上ない幸福感に辺り一帯が広がります。奇跡の瞬間にいられたことに、感謝したくなるほどです。

助産師と産婦人科医の異なる部分として、陣痛がきてから出産するまでの間、助産師はずっと寄り添ってあげられることがあげられます。 陣痛はとても辛いひと時なので、そばでサポートする間に信頼関係が深まります。

助産師は女性しか資格を取れない職業なのですが、信頼が深まった状態で赤ちゃんが誕生すると、本人と同じくらいの喜びを分かち合えます。

就職の面でも、助産師を選ぶことのよさがあります。 同じ医療関係の仕事に就くとしても、女性であるからには多くの方がいずれは結婚や出産、子育てをする時期を迎えることでしょう。

夜勤と日勤を繰り返すハードな毎日を送る総合病院に勤務することは、体力的にも容易なことではありません。助産師でしたら、生活の変化にあわせて働き方も対応させやすいでしょう。

助産師として何年かキャリアを積み、基礎を習得してあれば、助産師転職サイトを使って職場が変わっても活躍できます。助産師の人数は現在十分とはいえないので、需要の方が上回っている状況です。就職先がなかなか決まらないということは、まずありません。

助産師の資格には、開業権があります。歯科医師や医師を除いた、保健師や看護師などの医療職と、助産師はこの点で大きく異なっています。

地域に根付いた活動を、新生児訪問や育児相談、母乳ケアなどをする出張助産師として行うことが可能です。スキルを向上させ、分娩の助産院を開いたら、妊婦さんと密接な関わり合いを持ちながら、サポートしてあげることができます。助産師という職業は、地域でもクリニックでも、専門知識と技術力で女性を力強く支えています。

助産師と産婦人科医はどう違う?

助産師も産婦人科医も、女性患者や妊婦さんを対象とした仕事であるという点では変わりありません。 大きな違いとして挙げられるのが、助産師は医者ではありませんが、産婦人科医は医者であるという点です。

それと、助産師は女性でなければなることができませんが、産婦人科医は男性でも目指すことが可能となっています。また、助産師はお産に関する仕事をすることになるわけですが、医師とは違って医療行為を行うことができません。

一方で産婦人科医は医師なので、医療行為をすることができるというのも大きな特徴ですね。 助産師になることで出産に関する全ての行為が許可されるわけではないということはよく理解しておきたいですね。 帝王切開や麻酔などの医療行為が必要となる分娩では、助産師のみで分娩をすることは不可能なのです。

帝王切開が必要になってしまうケースは珍しくないため、産婦人科医も助産師もなくてはならない存在だと言えるでしょう。

逆に言えば、正常分娩であれば助産師のみでも対応することができるということですよね。 そのため、病院の中には正常分娩は助産師のみで行うような取り組みをしているところも増えてきました。

助産師と同じく産婦人科医も人員不足が叫ばれているので、今後こういった形を取る病院は増えていくことでしょう。

あとは資格にも違いがあります。 産婦人科医になるためには医師の資格を取得しなければなりませんが、助産師になるためには助産師資格を取得することになります。

それから、どこまでをサポートするかという点においても大きな違いがあります。 産婦人科医の場合、主な仕事は無事に分娩を行うということですよね。

ですが助産師の場合は、母子の健康管理やアドバイス、各種相談など、出産を終えたあとも様々な方向からサポートをしていく形になります。 女性の助産師だからこそ話せるような悩み事を打ち明けられることもあるわけなので、非常にやりがいがある仕事です。

このように、全く違う点がいくつかあるので、同じものだと考えないようにしましょう。

助産師という仕事のやりがい

助産師はとてもやりがいのある仕事だと感じている人が多いようです。 命の誕生に深く関わることができる仕事は、それほど多くありません。

助産師として働くことができれば、いくつもの命の誕生に触れることができるのでたくさんの感動を得ることができるでしょう。 自宅出産を希望する人もたくさんいるので、妊婦さんに寄り添いながら出産をサポートしていく仕事です。

また、助産師はただ分娩の手伝いをする仕事というわけではなく、妊婦さんや出産を終えた女性もケアしていく仕事ですよね。

妊娠をする前の段階からサポートを必要としている人も多く、特に不妊症に悩む女性にとって助産師からの支えはなくてはならないものです。

妊娠の過程の中で、なにかしらのトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。 大きな不安を抱えてしまう妊婦さんもいますが、そういった人を精神的にも支えることが大きなやりがいに繋がります。

もちろん、助産師の仕事は楽しいことばかりではありません。 全ての命が無事に誕生してくれるわけではないからです。

仕事をする中で流産や死産といった悲しい場面に触れてしまうこともあるでしょう。 そのため、助産師という仕事は命としっかり向き合うことができる人でなければ続けることはできません。

無事に出産できた時の喜びを家族と分かち合うことができる一方で、悲しい結果になってしまった場合、助産師に対して怒りを向ける家族もいるはずです。

それから、助産師という職業は看護職の中でも数少ない独立開業が可能な国家資格となっています。 充分な経験を積んだうえで独立開業をしている人も珍しくないので、自分の助産院を開業させることができれば、やりがいは更に大きくなるのではないでしょうか。

特に近年は廃院をする助産院や産婦人科が増えてきたということもあり、助産師はとても貴重な存在となっています。 命の誕生がある限り仕事がなくなることはないので、安定した仕事ということでも魅力がありますよね。

このページの先頭へ