イメージ画像

病院と助産院とでは作業が違う?

子供が生まれる主な場所は、病院や助産院です。 病院と助産院とでは、行う作業が違うものなのでしょうか。 病院では、医師、看護師、その他の医療スタッフが助産師以外にもいます。 医療を施す医療チームとして、治療にあたることもあります。

病院は助産院と異なり、看護学生を受け入れ、実習を行っているところもあります。 教育指導にもたずさわっていることは、助産院にはない役割です。 総合病院勤務で助産院の資格を保有している方は、配属先が産科になるケースもあります。

婦人科疾患の患者さんは産婦人科の担当で、独立して産科のみというところはわずかしかありません。 助産師の人数が足りていないと、外来と病棟のどちらも担当にさせられる場合があります。 助産院は、妊婦さんと胎児の状態が正常なときに出産できる場所です。

助産院のお世話になる方は、赤ちゃん、出産をして間もない保健指導を受ける必要があるじょく婦、妊婦さんです。助産院の建物は小規模で、入院できるのは9床を下回る床数の場所をさします。 規模がこじんまりとしていますので、出産を家庭的な空間で行いたい方に適しているでしょう。

全ての助産活動は、助産院でできます。 育児、分娩、妊娠中に受ける検診などです。 助産院を開業するスペースは、自宅の敷地内や一部というところが大半です。 助産介助をするために、妊婦さんの家まで助産院が足を運ぶこともあります。

日常生活の延長線上にある施設といった印象を受けます。 生む力という、人が元から備え持った能力を、助産院は大いに引き出してくれるでしょう。 助産院によって、働いている助産師の数はさまざまです。

産婦人科医は白衣を着ているのが普通ですが、助産院を訪れると、私服のまま作用にあたっているケースもあります。 医師ではなく家族のような温かみのある空間を作るために、あえて私服を選んでいるそうです。 赤ちゃんが生まれることは病気ではありませんので、白衣を着る必要性がないという考え方のようです。

このページの先頭へ