イメージ画像

助産師と看護師の違った役割

助産師の仕事は看護師と役割が違いますが、まず免許が異なるので全くの別ものです。 助産師になるためには看護師の免許を取り、定められた養成機関において1年間異常実習や教育をしたのちに、助産師の国家試験にパスする必要があります。

看護師になるためには、看護師国家試験を受験して通り、看護師免許を取得します。 助産師の資格を取るためには、看護師の免許を取得し、それに加えて専門知識を習得するのです。 助産師になるための制度は、課程が複数あります。

看護大学の中でも助産師指定養成校として認められたところは、助産師と看護師の国家試験を、卒業時に2つとも受験できます。

この2つの職業には、仕事内容にも違いがあります。 医師からの指示を受けたとしても、看護師は助産行為をしてはいけない決まりになっています。 助産師でしたら、正常分娩限定ですが医師からの指示がなくても、赤ちゃんを取り上げたりお産のサポートをする助産行為が可能です。

助産師養成カリキュラムにおいては、保健指導のような要素も学習できるので、助産管理や地域母子保健について学べます。 保健指導、妊娠管理・指導、家族計画などについて、じょく婦や妊産婦、広い地域に対し行うこともしています。

欧米諸国は医薬分業が普及しているので、看護師が独立しており、ガーゼ交換や投薬、注射などの看護業務しか行わない施設を作ることができます。 日本はまだそこまで進んでいないので、看護師が独立して開業する認可がおりていません。

助産師であれば、開業して助産院を誕生させられます。 病院内では、産科病棟と産科外来とで仕事が異なりますけれど、助産師と看護師のどちらも勤務できます。 採用人数に対し応募者が多い場合、助産師の方が優先されます。

外科や内科などがある病院では、看護師は移動させられるケースもありますが、助産師は専門的な知識があるため、異動になることがまずありません。 産婦人科では出産以外の患者さんもいますから、看護師と助産師の仕事にあまり違いはありません。

このページの先頭へ