イメージ画像

助産師外来のお仕事

助産師外来での役割は、胎児の成長状況や妊婦さんの健康状態を確認するため、妊娠週数に応じた定期外来の診察です。ずっと医師がやってきた妊婦健診ですが、代わりに助産師が行います。

従来では、病院の診察室にいるのは医師に限られていましたが、助産師外来では妊婦さんを助産師が診ます。 医療界では非常に画期的な取り組みです。 助産師外来が導入されたことによって、どのようなメリットがあったでしょうか。

産婦人科医の人数が年々減少傾向にあり、その問題を解決することができます。 助産師は妊婦さんに健康的な問題を確認した場合、医師に任せることになっていますが、助産師外来は病院内にあるので安心感があるでしょう。

診察を受ける妊婦さんが健康な場合、医師ではなく助産師に診てもらうことでリラックスすることから、妊娠や出産の精神的な負担を減らす効果があります。 妊婦さん、助産師、医師にとって、利点があるのが助産師外来なのです。

助産師外来はこれまでなかったので、助産師の資格保有者にとって、やりがいを感じられる新しい職場です。 助産師の資格を取得すると、同時に独立開業することも認められますが、本当に開業にこぎつけている人数は1割以下の状況です。

多くの助産師は独立開業せずに、診療所や病院などに勤務しています。 助産師外来という新たなスタイルは、病院で働くことの魅力を大いに引き出しているといえるでしょう。 健康上の問題を発見したときには、即座に医師の助けを呼べますし、最先端の医療機器を用いることもできます。

昔からある助産師の働き方よりも、能力を発揮しやすいでしょう。 助産師外来では、保健指導、尿検査、超音波(エコー)を使用した胎児の体重や身長測定などがあります。 バースプランを作れますので、どんなお産を叶えたいか、出産時の不安などに対応します。

助産師は産婦人科医とは異なり、正常な助産のみが行えますので、その条件を満たしている妊婦さんかどうかあらかじめ医師が検査を実施、条件を満たしている方は助産師外来の受け持ちになることから、妊婦さんにとって安心な体制でしょう。

このページの先頭へ