イメージ画像

助産師の受験資格を得るには

助産師として働くためには、まずは資格を取得しなければなりません。 国家資格となるため、助産師資格を取得できれば、就職にも非常に有利です。

ですが、希望者であれば誰でも受験ができるというわけではありません。 受験資格を得るためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、助産師は看護師の上位資格でもあるため、先に看護師の資格を取得する必要があります。 または、看護師国家試験受験資格を手に入れた状態で助産師養成機関において6ヶ月のカリキュラムを修了する必要があるのです。

できるだけ効率よく受験資格を得たいと思っているのであれば、看護師と助産師のカリキュラムを統合して教育できる看護大学を選択すると良いでしょう。

そういったところを選択すれば、卒業と同時に看護師と助産師の国家試験の受験資格を得ることができます。

それほど数が多くないものの、助産師国家試験受験資格が取得できる専門職大学院や、大学院に通うのも良いでしょう。

天使大学院助産研究科助産専攻という専門職大学院や聖路加看護大学大学院修士課程ウィメンズヘルス・助産学専攻助産学上級実践コースといった大学院がありますが、倍率は非常に高いです。

具体的な実習の内容としては、分娩期や産褥期、新生児期の実習を行っていく形になります。 妊婦健診や保健指導だけでなく、産婦や家族のケア、分娩後の母子の実習なども行う形になるので、実習制度が整っているところを選択したいですね。

どこで学ぶかによって実習の内容や期間は変わってきます。 助産師の資格が取得できれば、開業権も取得できる形になるので、将来性も高いです。

病院や助産院だけでなく、保健センターなど様々なところで活躍できる職業であるため、女性を支えていきたいと思っている方は助産師資格の取得を目指してみましょう。

実際に助産師として働き始める際には、慎重に求人情報を集め、働きやすい職場を探すことが大切です。

人手が足りていない職業でもあるので、職場選びを間違えてしまうと過酷な労働環境に悩まされてしまうこともあります。 注意しながら楽しく働ける職場探しをしたいですね。

このページの先頭へ